« 2014年7月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年8月10日

生誕200年ミレー展

「生誕200年ミレー展 - 愛しきものたちへのまなざし -」。山梨県立美術館。

ミレー作品は山梨県立美術館の代名詞的なコレクションがあり、昔からよく観ています。この展覧会は初期に描かれた作品も多くて、ミレーが「ミレー」になるまでの作品が多く観れます。初期のものは確かな技術で描かれた肖像画などが観れました。

私たちが良く知るイメージはミレーが30代後半くらいから制作したものです。それ以前と何が違うのかというと逆光が多くなり、顔を中心に形がハッキリとは見えなくなってくるところです。逆光によってぼかし、細部を描かないところがミレーの絵の肝で大切なところだと思います。
画像の「落穂拾い、夏」という作品は美術館にある作品の中でも昔から好きな作品ですが、これは構図で人物を下向きにして顔を隠すというミレーの発見が見てとれます。顔を下向きにして見せないことで、視線を顔に注目させず、暗くなりがちだった画面に色彩が加わって明るい画面が可能になっています。ミレーもこの作品が気に入っていたと思います。何枚も同構図で制作していますから。
このミレーの絵の見せ方は現代でも結構有効で展示を観ているとよく同手法が見れます。

美術館の解説文を読んでもこういうことは書いていなくて、いつも、その作家のどこが凄くて、ユニークで、同時代の作家と比べて何が突出していたから有名なのかという説明がほしいなぁと思っています。別に農村風景を描いたからミレーが突出した作家になったわけではないのですから(でも美術館の解説文には出自や農民画を作りだしたということばかり・・)。

ミレーは後期になると、その色彩と光をより考えた作品になって、印象派とも近似したものにも見えますし、私は今回ボナールを想像しましたね。
「見せない」「隠す」「ぼかす」などが私がミレーを観る時にいつもキーワードにしていることです。

500_28981787


| コメント (0)

2014年8月 8日

富士吉田芸術倉びらき2014

富士吉田芸術倉びらき2014。大野智史オープンアトリエ。
宮崎勇次郎さん、山本竜基さん、市野悠さんとご一緒して、このアートイベントを廻りました。
大野さんのオープンアトリエでは大野さんの他にゲストアーティストの福永大介さん、西村有さん、山田理恵さんの4人の展覧会になっておりました。
作品の作り方や発想の元になることなど色々聞けて良かったです。
工場のように広いアトリエです。
他の作家の制作現場を見ることはいつだって面白いですね。

20140808_003


| コメント (0)

2014年8月 3日

挑戦する日本画:1950~70年代の画家たち

「挑戦する日本画:1950~70年代の画家たち」名古屋市美術館。
今までに何度このテーマのような展覧会を観たのだろうか?と思いつつ(とは言っても数回かな・・)、それでも名古屋にせっかく居て、観ないわけにもいかないでしょう。
メインビジュアルは一番有名であろう東山魁夷の穏やかな作品ですが、実際は当時の変わった日本画というか、エッジにあるものです。
パンリアル協会(星野眞吾、三上誠)、ケラ美術協会(岩田重義など)などはこのタイプの展覧会でしか見ない作家かも。
昔、日本画塾で天野一夫先生の講義で授業を受けたのが懐かしい展覧会内容でした。ボリュームある見応えある展示でした。常設展も良かったです。

20140803_080


| コメント (0)

北田克己個展「林泉遊楽」。

北田克己個展「林泉遊楽」。名古屋三越。

この北田克己先生の個展は東京日本橋の三越で6月に開催されておりましたが、私自身の個展の直前で行くことが叶わずにおりました。
運よく名古屋で拝見することになり、タイミングが良く、嬉しかったです。

私が東京芸大在学中に北田克己先生は当時、講師をしていました。私は4年間一回もお話する機会もなかった先生なので、今回少しお話しましたが緊張しましたね。

最初に作品を観たのは山種美術館賞展だったと思います(20年くらい前)。その時からかっこ良い絵だなぁと思っていましたが、今回の個展では幾何学的で複雑な構成による大作が沢山観れて、当時よりもさらに感銘しました。

20140803_015


| コメント (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年10月 »