« 富士吉田芸術倉びらき2014 | トップページ | 周縁 »

2014年8月10日

生誕200年ミレー展

「生誕200年ミレー展 - 愛しきものたちへのまなざし -」。山梨県立美術館。

ミレー作品は山梨県立美術館の代名詞的なコレクションがあり、昔からよく観ています。この展覧会は初期に描かれた作品も多くて、ミレーが「ミレー」になるまでの作品が多く観れます。初期のものは確かな技術で描かれた肖像画などが観れました。

私たちが良く知るイメージはミレーが30代後半くらいから制作したものです。それ以前と何が違うのかというと逆光が多くなり、顔を中心に形がハッキリとは見えなくなってくるところです。逆光によってぼかし、細部を描かないところがミレーの絵の肝で大切なところだと思います。
画像の「落穂拾い、夏」という作品は美術館にある作品の中でも昔から好きな作品ですが、これは構図で人物を下向きにして顔を隠すというミレーの発見が見てとれます。顔を下向きにして見せないことで、視線を顔に注目させず、暗くなりがちだった画面に色彩が加わって明るい画面が可能になっています。ミレーもこの作品が気に入っていたと思います。何枚も同構図で制作していますから。
このミレーの絵の見せ方は現代でも結構有効で展示を観ているとよく同手法が見れます。

美術館の解説文を読んでもこういうことは書いていなくて、いつも、その作家のどこが凄くて、ユニークで、同時代の作家と比べて何が突出していたから有名なのかという説明がほしいなぁと思っています。別に農村風景を描いたからミレーが突出した作家になったわけではないのですから(でも美術館の解説文には出自や農民画を作りだしたということばかり・・)。

ミレーは後期になると、その色彩と光をより考えた作品になって、印象派とも近似したものにも見えますし、私は今回ボナールを想像しましたね。
「見せない」「隠す」「ぼかす」などが私がミレーを観る時にいつもキーワードにしていることです。

500_28981787


« 富士吉田芸術倉びらき2014 | トップページ | 周縁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 富士吉田芸術倉びらき2014 | トップページ | 周縁 »