« 北田克己個展「林泉遊楽」。 | トップページ | 富士吉田芸術倉びらき2014 »

2014年8月 3日

挑戦する日本画:1950~70年代の画家たち

「挑戦する日本画:1950~70年代の画家たち」名古屋市美術館。
今までに何度このテーマのような展覧会を観たのだろうか?と思いつつ(とは言っても数回かな・・)、それでも名古屋にせっかく居て、観ないわけにもいかないでしょう。
メインビジュアルは一番有名であろう東山魁夷の穏やかな作品ですが、実際は当時の変わった日本画というか、エッジにあるものです。
パンリアル協会(星野眞吾、三上誠)、ケラ美術協会(岩田重義など)などはこのタイプの展覧会でしか見ない作家かも。
昔、日本画塾で天野一夫先生の講義で授業を受けたのが懐かしい展覧会内容でした。ボリュームある見応えある展示でした。常設展も良かったです。

20140803_080


« 北田克己個展「林泉遊楽」。 | トップページ | 富士吉田芸術倉びらき2014 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北田克己個展「林泉遊楽」。 | トップページ | 富士吉田芸術倉びらき2014 »