« ちょっとお出かけ | トップページ | 世界が壊れて »

2011年3月11日

行ったら行ったで

先週にニューヨークのアートフェアをいくつか観てきました。
アーモリーを中心にボルタ、パルス、スコープ、ADAA、インディペンデントの6つを観ました。
他にもいくつかフェアをやっていたみたいですが、主要なものはとりあえず観れました。
アーモリーのモダンとADAAは美術館にあるような作品が数多く観れて嬉しい感じ。
アーモリーのコンテンポラリーはコンセプチュアルな作品が結構多く、作品のレベルも
やっぱり高く感じました。コンセプチュアルな作品だけに作品の出現の出所が良く分からないものも多かったですが「コンテンポラリーアート」らしい言語、方法で作られていて観ることが出来て良かったです。
他のフェアはもうすこしグラフィカルな表現や視覚のトリック的な表現の作品も多く見られたような印象です。
インディペンデントは実験的な作品が多かったというべきか、よくわからない作品が多かったです。作品だけいきなり観ても駄目なのだろうと思います。英語苦手なんで話すことも出来ないのでとりあえず観たという感じ。
それぞれのフェアはブースの広さが限られていることもありチェルシーのギャラリーで体験するようなびっくりするほど大きいとかいうこともなかったです。ちなみにアートフェアなので全部売り物だったと思いますが、売れていたかどうかは私自身あまり興味がなかったのでその辺は分かりません。

NY在住で芸大の先輩の原田隆さんと今回は一緒に見て回りました。
芸大の日本画の博士出た後、ヨーロッパとアメリカにずっといるので珍しい作家ですが、
今でも割と作品の美意識は昔と変わらないものを持っているのですよね。
一緒に見て回る人がいると感想を述べ合うことも出来ますし、良いですね。
今回も非常に助けていただきました。

あとはNY在住の友人作家の古川弓子さんとMOMA行ったり、古川さんのアトリエ見学したりもしました。
計画しているプロジェクトのプレゼン資料なども見れておもしろかったです。NYで作家活動して生きていっているのはすごいことですね。卒業後早々と山梨の実家に逃げてしまった私とは大違いです。行動力があるので私も見習わなければ・・。あと古川さん、頭が良いから話がおもしろいのですよね。

といった感じで行くのも疲れるのですけど、行ったら行ったで中々楽しかったのでした。

« ちょっとお出かけ | トップページ | 世界が壊れて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちょっとお出かけ | トップページ | 世界が壊れて »