« いつものこととも | トップページ | 足りない »

2010年10月16日

作品の歴史を

頑張った作品の脇で深く考えずに描いた作品が結果として並べた時に
一番良いものだったりすることも良くあることですが
何枚も描いているうちにたまたま出来たそういう作品というのが結構
次回作につながります。
作品は1点1点独立したものであると同時に作ってきたすべての作品は
つながりがなくてはならないと思っています。
自分の作品の歴史をつくる意識ですね。
自分で自分の作品の歴史をつくらなければならない宿命みたいなもの。
歴史の必然性みたいなものも出てきて、
これを描いたら次はこれを描かないわけにはいかないなぁというような
感じで進んだりします。
そういうときは結構良い状態で
出来るだけ引っ張られるままに身を任せたいです。

« いつものこととも | トップページ | 足りない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いつものこととも | トップページ | 足りない »