« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月28日

この冬何回目だろう

風邪ひいてます。
この冬何回目だろう・・。
基本的に快適な室内にばかりいるのですがなぜでしょう。

| コメント (0)

2010年2月24日

描くまでに

水張りした紙にジェッソを塗って乾かすあいだ床に並べているわけですが
床いっぱいに並べたので反射して部屋が明るいです。
すべての画面に2度塗りしたらいつのまにか1日終わってました。
昨日は今まで撮った写真から使えそうな写真を選び出す作業に
一日費やしてしまったし・・。
私に限ったことではないと思いますが本画の画面に描くまでに
かなり時間がかかります。
無計画に描いていくと私の場合はそれはそれで時間かかってしまうので
準備も整えて、決めることはある程度決めて、制作に向かいます。
時間があると下図だけ描いて何ヶ月も想像しているだけでなかなか描かないと
思うのですがここのところは決断も早くなってる気がします。

| コメント (0)

2010年2月21日

領収書の整理

一日中、領収書の整理をしてました。
毎年思うことですが、どこまでが経費になるのでしょうか?
私は「作品のためにならないことなんて何一つ無い」という考えのもと
生きているので、使ったお金はすべて経費でしょっ!って思っていますが
そうもいかないみたいで、なんとなく連想できるものが経費になってきます。
収入の計算はものすごく早く終わってしまいますが
支出は反対に時間がかなりかかります。
そんなに買い物してるつもりはないのですが、買い物しない日がないくらい
毎日色々と買ってお金を使っているのだととわかりました。

| コメント (0)

2010年2月19日

効率が悪くて

ここ最近は夜に制作していて、少しずつ時間がずれて今日で昼に戻りました。
昼よりも夜の方が全然制作もはかどる気がします。
昼間の制作だと色々雑用が入って結果あまり制作時間がないような・・。
夜はどこに行くこともなく、誰からも電話もかかってこず、
食事をしなくても気にならないですし、時間が長くて良いです。
ただ、昼間にどうしても出かけなくてはならない時もあり、
そういう時はキツくてその後多めに寝たりして結果的に効率も悪いかも。
時間がずれていくと果たして今眠いのか疲れているのかよくわからなくなって
たぶんそろそろ寝た方が良いのだろうなぁ・・みたいになって寝る、というような
感じでそんな時は集中力もなくなってるのかも。
作品制作の効率が悪くて非常に時間がかかるのは
きっとこんな生活に一因はあるはずですが上手くいきません。

| コメント (0)

2010年2月17日

読んだあとに

ここ数年読んでいる漫画の中で特にすごいと思うのが「闇金ウシジマくん」。
社会の最低辺で生きる人たちの話ですが、心の弱さからどんどん転落していく
描写がリアルで本当に恐ろしい漫画です。
現代をもっともよくあらわした作品だと思いますし、私はその弱さに共感してしまいます。
だけど、毎回読んだあとにへこみ過ぎるのでお勧めはできません。

| コメント (0)

2010年2月16日

とりあえず

今月と来月にいくつかあるグループ展の作品をすべて送ってしまって
とりあえずほっとしてます。
グループ展も参加するのは良いのですが、いつも額縁を付けて梱包して送る、
という作業が大変で苦労します。
額縁屋さんに作品を付けてもらってギャラリーに送ってもらうという手もあるのですが
結局、作品を梱包して額縁屋さんに送らなくてはならないのでほとんど一緒とも言えます。
額縁がアクリルボックスで壊れやすいものなのでしっかり梱包しないとならなくて
エアキャップを何重にもぐるぐる巻いて、さらに段ボールで包んだり・・。
東京くらいだと出来るだけ自分で車に載せて持っていきますが、
関西だとそういうわけにもいきません。
アクリルボックスは割れやすくて傷がつきやすいのでもう少し頑丈で
カッコいい額縁をそのうち開発したいと思います。

| コメント (0)

2010年2月10日

どこにいってしまったのか

制作中に気付いたことや忘れてはならない自分のルールみたいなものを記していた
ノートが消えました。ノートにびっしり書いたようなものではなく
ごく簡単なものなのですが、制作の迷いどころでは必要になることもあります。
制作の色々な確認のためにたまに開いてたのですが、
ここ1か月ほどそういえば見かけていないような・・。
物がそんなに多くないアトリエなのでどこにいってしまったのか不思議です。
大したことは何も書いてないのですが、無いとちょっと気になります。

| コメント (1)

2010年2月 7日

ダウン

病院でなにかウイルスらしきものをもらってきてしまってダウン。
子どもと私と私の母が同じ症状で吐き気と下痢でおそらく急性の胃腸炎だと
思います。朝に子供が食べた物を全部吐いてしまうのでおかしいと思っていて
私もお腹が少し痛いなぁと思っていたところ昼から吐き気も伴って具合が悪くなり
それから1日寝ていてやっと現在少し良くなりましたが、
今日はそんなことで何もできずにいました。
予防接種に行って違う病気をうつされることも確かにありうる話ですね。

| コメント (2)

2010年2月 6日

抱えてダッシュ

子供の新型インフルエンザの予防注射に行きました。
病院に着いて駐車場に車を停め、歩きはじめたところ私たちの前に
子供を連れた親子が居て、さらに少し先にもう一組の親子が歩いてました。
待たされるといやなので子供を抱えてダッシュ。
2組の親子を抜き去り小児科へ。そんなことで小児科へ着いたのですが
「熱を測っていないので測って下さい」と言われ測ることに。
後から悠々と来た2組の親子に最後に抜かれてしまいました。
まぁ既にかなり混んでいて1時間以上待ちましたかね。
子供も病院は嫌な思い出があるせいかずっと愚図ってました。
家に帰る途中コンビニに寄って
ハッピーターンとおっとっととポイフルとジャイアントカプリコとヨーグルトを
買い、こたつで一緒に食べていたら一気に機嫌も良くなりました。

| コメント (0)

2010年2月 5日

冷静さが

画面を水で濡らして絵の具を置き、唐刷毛でぼかしながら描く制作方法を
この前の個展前から試してますが、リアルさは出るものの画面の色は沈んで
重くなりシャープさも当然失われてしまっています。
重いよりも軽い方が良いし、鈍いよりも鋭い方が良いというのが私の頭の中に
固定観念としてあって、出来上がりつつある画面とのギャップに悩みます。
同時にやや平面的でほとんど画面をぼかさない作品も作っているので
どっちつかずで良くないのかもしれません。
考えていることも制作方法も少し整理して割り切っていく作業を他の同時に制作している
作品で考えていきたいところです。
かつてはエンプティネスな画面がチャームポイントの一つで、
現在もそれは意識しているはずなのに少し画面が複雑になりすぎて
表現の明快さを取り戻さなくてはならないと感じています。
今年はとにかく枚数は相当描かなければならないようなので
描いていくうちに何枚か上手くかみ合った作品が出来るはず(多分)。
こうやって書いて自己分析してみると今日は冷静さが足りなかったのでしょうね。

| コメント (0)

2010年2月 2日

嘘っぽく見える

昨日の夜は雪が降りました。
湿った雪で重さがある雪。
山の木々に降り積もった雪が一瞬なんだかすごく嘘っぽく見えました。
嘘っぽく見えるものには何かありますね。
上手く言えないけど何かある。

| コメント (3)

2010年2月 1日

古川弓子さん

古川弓子さんのホームページをlinksに加えました。
古川さんとはニューヨーク滞在中に8日間も朝から晩まで一緒にいたので
人見知りな私もすっかり仲良くなってしまいました。
私の周りに少ない現代美術の作家で羨ましい経歴の持ち主なのですが
まったく自然な方で話も面白くて楽しい人ですね。
作品のファイルを見せてもらい発想や作り方なども聞けて新鮮で興味が湧きました。
イマジネーションが豊かで頭も良くてそれを形にする造形力も備わっていて、
さらに本人が面白い、という魅力的な作家です。
作品だけではなくて作者本人にも実際に会うとより身近に興味が持てるので
今回出会えたのはラッキーでしたね。

ホームページ
http://www.yumikofurukawa.com/file/top.html

ブログ
http://www.art-it.asia/u/ab_furukaway/
ブログに載っている「underground stem」という謎の文章は今年から始めた小説だそうです。

| コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »