« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日

シブヤスタイル vol.3

シブヤ西武でグループ展に出品します。
2~3点出品されていると思います(多分)。
50人も出品するのでギッチギチに展示されてるのではないかと思います。
出品作家は私よりも年下の若い作家がほとんどです。


展覧会名
「シブヤスタイル vol.3」

会期
2009年12月1日(火)~ 12月15日(火)
10時~20時

出品作家
50人くらい

会場
シブヤ西武B館8階美術画廊

| コメント (0)

2009年11月27日

「CHRISTMAS EXHIBITION 2009」

6月から7月にかけて個展をさせてもらったキドプレスでのグループ展に出品します。
4人での展示です。
私は先日新しく作った銅版画作品1点とアクリル絵の具での作品1点の計2点出品します。


展覧会名
「CHRISTMAS EXHIBITION 2009」

会期
2009年11月28日(土)~ 12月26日(土)
12時~.19時
日曜・月曜、祝日は休み

出品作家
宇田川愛、木戸涼子、阪本トクロウ、安田豊

会場
キドプレス

ホームページ
http://www.kidopress.com/

展示詳細
http://www.kidopress.com/news/eventnews_xmas09.html

| コメント (0)

2009年11月23日

大邱アートフェア

大邱アートフェア(韓国)に新生堂ブースから出品します。
私は銅版画作品を数点出品予定です。

Daegu Artfair 2009

会期
2009.11.25.(水) ~ 11.29.(日)

場所
大邱 EXCO 1, 3階
URL:http://www.daeguartfair.com/

| コメント (0)

2009年11月22日

「手ぬぐいTOKYO」

毎年開催されているリクルートの企画展に出品します。
今年は手ぬぐいだったので四角い平面で例年よりやりやすかったですが
デザインは絵画とは違った難しさがあって、この毎年の展示で
デザインを仕事にしている人のアイデアを見るといつも感心しています。

展覧会名
CREATION project 2009
「手ぬぐいTOKYO」
200人のクリエイターによる200の提案

会期
2009年11月24日(火)~ 12月25日(金)
11:00a.m.−7:00p.m.
日曜・祝日休館 入場無料

会場
ガーディアン・ガーデン

| コメント (0)

2009年11月20日

銅版画の作品を制作

来週末に始まるキドプレスでのグループ展に出品する銅版画の作品を制作するため
キドプレスへ。
アトリエでニードルで線描きしたものにアクアチントという技法で濃淡をつけていく作業。
制作して思うことは私の作品は濃淡で作られているのだなぁと再認識。
線は形をとるのに利用するけど作っている最中は濃淡を気にしながら制作しているようです。
今回作った作品は一番最初に版画制作をして失敗したもの、というかアクアチントという技法を
よく理解していなかったのでその時は上手くいかなかったものです。
白い壁に白いドアが描かれた絵で
アクリル絵の具では2年くらい前に描いたものに似た構図になっています。
結構気に入った作品になりました。

その後銀座に友人の今川教子さんの個展に伺うものの既に閉まっており、
東京コンテンポラリーアートフェアに行きました。
やけに知り合いが多くて立ち話ばかりしてました。
このアートフェアはギャラリーというより画廊、ギャラリストというより画商と呼ばれている
ギャラリーが多く、そのギャラリーが出品するアートフェアという印象で
知り合いが多かったのは多分私も分類するのであればこっち系の画家なのでしょう。
キドプレスの入っているビルにあるギャラリーなどでは知り合いなどは全然いなくて、
今回も先日催されていたウルトラというアートフェアにも出ていなくて
コンテンポラリーアートといってもいろいろあるのです。
2つの違いは
過去とは違う、あるいは更新された現在の価値を提示するという意味のコンテンポラリーアートと
今現在作られているものという意味のコンテンポラリーアートというような違いでしょうか。

| コメント (0)

2009年11月19日

紹介

大学の先輩のホームページをリンクに加えました。

東儀恭子さんはグループ展で何度も一緒に展示させてもらっています。
画面構成もいつも面白いですが、
画面の表面のマチエールにはいつも驚きます。
マチエールというのは描いた痕跡のようなものですが、粒子の粗い岩絵の具が
筆触を感じさせながら対象物そのものになっていてとてもリアルに感じます。
この上手さはモニターではちょっとわかりづらいかもしれません。
最近はモチーフは犬で構成はデザイン的要素を取り入れた画面になっていますが、
私は画面の触感とリアルさをいつも観ています。

東儀恭子 ホームページ
ブログ Waonな日々

西野正望さんは私が大学生の時に博士課程にいて、
その後も大学で数年間助手として勤めていましてお世話になりました。
先日久しぶりに個展があり観てきました。
数年前から絵の具の染みを使い抽象的な画面になってきています。
ホームページにはまだ載ってないのですが横長の樹のシルエットの連作は
カッコいい作品でした。

西野正望ホームページ

| コメント (0)

2009年11月14日

個展も今日で終わります。

個展も今日で終わります。
今年は新作の個展は今回の展示のみでした。
今回の個展を目標に描いてきて、その後のことはあまり考えていませんでしたが
いくつかきっかけが掴めそうな感じもしてきているので
色々反省しているところもあるものの良い展示になりました。
大きな展示もしばらく無いのでこの時間を利用して研究したいところです。

| コメント (2)

2009年11月 5日

バランスよく

個展が始まってしばらく作品を描かない日々が続いていました。
少し制作から離れると戻るのが難しいです。
何もなければこのまま1か月くらい気がついたら過ぎていたりしますが、
今月は結構枚数描かなくてはならなくて、強制的ではあるものの
制作に戻れます。
読んでいない本や漫画や観ておきたい映画がいくつかあって、
そちらに気が向いてしまうと制作しない日が続いてしまいます。
もう少しバランスよく生活出来ればと思っています。

| コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »