« エンドレスホリデイ | トップページ | 思っていたよりも »

2008年11月20日

個展に際してのコメント

今回の個展に際してのコメントはギャラリーのホームページの他、
会場にも貼ってありますが一応ブログにも載せておきます。


今回の展示では公園の遊具を描いた作品を中心に発表します。
公園はすでに私が遊んで楽しい場所ではなく
例えば街を歩いていてちょっと疲れた時にベンチに座って休むような場所になっています。
そのベンチに座って眺めた風景を元に制作しました。
公園に居る人は結構ホームレスの方なども多く皆暇そうに見えます。
「毎日制作していて休まなくて良いのですか?」というようなことを言われて
制作自体は忙しいといえば忙しいのですが、基本的に毎日自由で
「毎日が休日といってよい生活」と答えています。
30歳を過ぎて定職に就いたことの無い私がこれから先も働くようなこともないのだろうと
考えると、永遠にこの休日が続いてしまうように思えました。
公園は戻れない過去の風景であると同時に
現在の茫漠とした不安感がある日常風景でした。
午後の目が眩むような光の中で確かにどこかで見たはずの、
でも思い出せないようなそんな小さな午後の光景を作品にしました。

私たちが生きているこの世界をどのように見るのかということがテーマの1つであり、
私たちにとって何が大事かということも制作の1つの課題であるようです。
私を形作っている周りの風景を描くことが現代に生きる人の共通のビジョンに
重なったものになればと思います。

« エンドレスホリデイ | トップページ | 思っていたよりも »

コメント

DMありがとうございます。

是非お伺い致します。

投稿: 美穂 | 2008年11月23日 00:05

ぜひ。

投稿: トクロウ | 2008年11月23日 00:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エンドレスホリデイ | トップページ | 思っていたよりも »