« 滞り | トップページ | 「I love driving」展 »

2008年8月19日

客観的に見えて

作品の写真撮影をカメラマンの人に撮ってもらっている時は
作品が不思議ととても客観的に見えてきます。
撮影をカメラマンに委ねてその後ろから作品を観ているわけですが、
制作している最中もそういう視点を持ちながらつくっていくと
良いことが多い気がします。

« 滞り | トップページ | 「I love driving」展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 滞り | トップページ | 「I love driving」展 »