« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月27日

どうでもいいように

画面の中で重要ではなく、どうでもいいようなところがあり、
そんなところはどうでもいいように描けば良いのでしょうが
それがなかなか上手く出来ません。
本当は画面の一部だろうと重要ではないなんてことはないのでしょうが
描く必要がないところまで描くと表現したいものがぼけてしまうような気がします。

| コメント (2)

2008年7月25日

暑さが悪い

暑いので冷蔵庫にあったビールを飲んだら制作する気にならなくなりました。
これは私が悪いわけではなく、この暑さが悪いのです。
お酒は普段あまり飲まないのですが、なんとなく飲んでしまいました。

| コメント (3)

2008年7月22日

一瞬上手くなった

筆を30本ほど買いました。
良い筆を使ったからといって上手くなるわけではないですが、
一瞬上手くなった気になります。

| コメント (2)

2008年7月19日

構図が良いと

今制作している作品、途中で気持ち悪い絵になって
もう終わりか・・と思いつつ描き進めていったら持ち直しました。
シルエットが潰れたちょっと難しい構図なので
いつものように描いていっても上手くいかなかったのだと思います。
構図が良いと絵がつくりやすいです。

| コメント (0)

2008年7月17日

女の子

赤ちゃん(女の子)が生まれました。
まだしばらく会えないのですが、無事に生まれて良かったです。
1ヶ月後、家に帰ってきたときに会える予定です。
先週、出産に立ち会うために4日ほど行ってきたのですが
まだまだ生まれそうにないなぁ・・と思って帰ってきたらすぐに生まれました。
「赤ちゃんが生まれると作品変わるんじゃないの?」と
最近よく言われるのですが、どうなんでしょう。

| コメント (22)

2008年7月16日

2週間

個展が始まって2週間も経つというのに
作者の私がまだ会場に1回も行っていません。
以前は個展の会期中は毎日会場に行き作品と共に
お客さんを待っていたのですが、1か月くらいの会期になると
毎日行くことは出来ないです。
それでも週に1回くらいは行こうと思っていたのですが、
少しバタバタしていて行けませんでした。

| コメント (0)

2008年7月10日

もっと大切に

制作にいくら時間を使ったからといって良い作品になるわけではないし、
時間をかけたとか、気合い入れたとか、そんなことは観る人にとって関係ないことでしょう。
制作にのめり込んで自分ではすごく良い作品だと思っていたのに
いざ展示してみると案外よくないなんてことが良くあります。
展示してみたら少し客観的に観れるのですぐにわかります。
のめり込んで描いても良いのでしょうが同時に冷静さも持たないと
作品としては出来が良くないことが多いです。
画面は今までよりももっと大切にしていこうとは思ってきています。
細かく描くってことではなくて筆と画面との接し方みたいなものです。
結構今まではぺたっと平塗りで乱暴に作っていた作品も多かったと思いますが
もう少しソフトな絵の具の乗せ方でもよいかもしれません。
制作方法にかなり癖がついていて、大きくは変えられないのですが
少し意識したいと思います。
とは書いたものの観ている人にはあまり変わっていないくらいになるのでしょうが・・。

| コメント (2)

2008年7月 5日

暑かった

ギャラリー桜の木(軽井沢)のオープニングパーティーへ。
告知も何にもしてませんでしたが、数点出品していたのです。
車で行ったのですが軽井沢がとにかく遠い。
車で3時間かけていって、パーティー3時間参加して、再び車で3時間かけて帰宅。
そんなに疲れず、美味しい料理もたくさん頂いてしまったので、楽しいパーティーでしたね。
来月のグループ展にも出品します。
作品に使えそうな風景がありそうなので来月は取材も兼ねて行こうかと思います。
しかし、今日は暑かったですね。

| コメント (0)

殺風景

画家のアトリエって制作する道具は勿論、その作家の趣味で集めた物とか
あって色々と濃い空間になっている画家も多いと思います。
私のアトリエは絵の制作の道具くらいしかなく、作品があまり無い現在などは
綾波レイの部屋とまではいかないまでもかなり殺風景なもので
そんな空間にいると本当に自分には何にもないなぁと思い不安になります。
まぁ、だからこそ作っているのかもしれません。
物に興味が無いってわけではないですが、そんなに強くはないことは確かかも。
私の作品も物としての強さなんてものはほとんど無く、画面の内側を作っていますし、
生活の中で何に時間を費やしているかといえば、
パソコンやテレビや映画や本の中に居る気がします。

| コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »