« こういうところで | トップページ | 離れていた »

2008年4月19日

今日観た展示

ギャラリーMoMoで大谷有花展。
いつみても不思議な魅力があって、今回は強さよりも
ある種の雰囲気みたいなものでつくられていました。
高橋コレクション(白金)で藤田桃子展。
少し暗い室内で圧倒的な大画面で迫ってくる絵。
大木のくぼみの陰には何かが潜んでいると思わせます。
友人に確認したところ従妹とのこと。恐るべし藤田一族・・。
新宿高島屋で松山賢展。
個人的なものからつくられたような作品が並びますが、
画面に描かれた細部に対する執着や画題のバリエーションの広がりが
見れてよかったです。
シブヤ西武で福井江太郎展。
墨を主に使ってダチョウや花を描いている作家ですが、
その墨自体が生きているように画面に描かれている作品。
ダチョウや花といった形はあるものの墨に生命を吹き込んで
それの痕跡からその形ができてくるように感じました。
今日観た展示はこんなところでした。


« こういうところで | トップページ | 離れていた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こういうところで | トップページ | 離れていた »