« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月28日

作品を3点ほど

明日からグループ展に出品しております。

シブヤ西武 B館8階美術画廊
2008年4月29日~5月11日
グループ展「Nine Colors」

そごう広島店 8階美術画廊
2008年4月29日~5月5日
グループ展「Millenniumの星」

どちらも2007年に制作した作品を3点ほど出品しています。

| コメント (2)

2008年4月26日

広告

博報堂から出版されている「広告」という雑誌の東京母性という
コーナーに4ページほど作品を大きく載せてもらいました。
東京母性は本来は写真家の人に東京を撮ってもらうページですが
昨年作った作品集をたまたま編集者の方が見てくれて
載せていただけることになりました。
面白い雑誌ですが大きな書店にしか無いと思います。

| コメント (2)

2008年4月25日

長い時間

壁に立てかけられた描きかけの作品や、まだ何も描いていない真っ白な作品。
それらを眺めていて、時間は過ぎて、そんな長い時間何を考えていたのか、
自分でもよく思い出せない、そんな時間がよくあります。

| コメント (0)

2008年4月24日

透けて見える程度の

いつも使っている紙は雲肌麻紙ですが、この紙を使う理由は
紙の厚みが他の和紙に比べて格段に厚いというただそれだけです。
和紙の風合いを生かすとかでもなく強靭な支持体として使っていました。
今日パネルに張った紙はそれよりも薄くて、わずかに紙が透けて見える程度の
ものにしてみました。
やや薄塗りの作品になる予定です。

| コメント (0)

2008年4月22日

離れていた

しばらくアトリエを離れていたのですが、
アトリエ以外ではこのブログを書くことはあまりないです。
制作しているときの方がブログの更新頻度も高くなるようです。

| コメント (0)

2008年4月19日

今日観た展示

ギャラリーMoMoで大谷有花展。
いつみても不思議な魅力があって、今回は強さよりも
ある種の雰囲気みたいなものでつくられていました。
高橋コレクション(白金)で藤田桃子展。
少し暗い室内で圧倒的な大画面で迫ってくる絵。
大木のくぼみの陰には何かが潜んでいると思わせます。
友人に確認したところ従妹とのこと。恐るべし藤田一族・・。
新宿高島屋で松山賢展。
個人的なものからつくられたような作品が並びますが、
画面に描かれた細部に対する執着や画題のバリエーションの広がりが
見れてよかったです。
シブヤ西武で福井江太郎展。
墨を主に使ってダチョウや花を描いている作家ですが、
その墨自体が生きているように画面に描かれている作品。
ダチョウや花といった形はあるものの墨に生命を吹き込んで
それの痕跡からその形ができてくるように感じました。
今日観た展示はこんなところでした。


| コメント (0)

2008年4月17日

こういうところで

午前中に歯医者に行って、午後に美容院に行きました。
どちらもあまり好きな方ではないです。
こういうところで絵のこととか聞かれると
私も適当にしゃべっていて、それがなんか嫌で
でもあんまり丁寧に力説したくもないですし・・。
今日はいつも行っている歯科医院が休みでした。
10数年ぶりに行った別の歯科医院のおばちゃんが憶えていてくれているのは
小さい町だからしょうがないことなのでしょうか?
・・・歯医者は明日も行くことになってしまいました。

| コメント (0)

2008年4月11日

またいつかどこかで

VOCA展の作品が返却されてきました。
この作品はまたいつかどこかで展示したい作品です。
でも結構大きい作品なのでずっとこのまま倉庫に眠ることになるかもしれません。
カビが心配なのですけどね。
もうこれはしょうがないですね。

| コメント (0)

2008年4月10日

7月の個展は

予定していました7月の個展は無くなりました。
電話がかかってきて「オーナーが消えました」って・・・。
ギャラリーでゴタゴタが何かよくわからないのですが・・・
あるみたいです。
今回は断らせてもらいました。

| コメント (2)

2008年4月 9日

制作年は

2003年に制作した作品が少し汚れていたので
加筆、修正していたら結局画面すべて塗り重ねてしまいました。
こういう場合は制作年は2003年なのか2008年なのか
どちらになるのでしょうか?
こういうことがよくあります。

| コメント (0)

2008年4月 8日

考える必要はない

たぶん、きっとまだ作品を描き足らないのだろうと思います。
どんどん描いてとりあえず全てを出し切ろうと思います。
後のことは考える必要はないでしょう。
展示が終わってそんなふうに思いました。

| コメント (2)

2008年4月 6日

だいぶ良くなり東京へ

崩していた体調もだいぶ良くなり東京へ。
まず秋葉原で101TOKYOを観て、それから有楽町で東京アートフェアを観て、
画廊に行って搬出して、日本橋で春の院展を観て、
ラーメン食べて帰ってきました。
最近やっとこの辺の道もカーナビ無しでも普通に運転できるようになってきましたね。
東京アートフェアって入場料1500円もとるし
ギャラリーのブース代(3m四方)は70万円もするし、ギャラリーも作家も
力入れたイベントなのですが、1つ1つ丁寧に観ることは難しいです。
たっぷり時間をとればかなり楽しめそうな気はしました。
あと、やっぱり個展形式のブースが良いと感じてしまいます。
101はコンパクトで見易かったことと雰囲気みたいなものがあって、
作品を気軽に観れたような気がしています。
春の院展は知っている人が多いので、皆頑張っているなー私も頑張ろう―!
といった感じですね。

| コメント (0)

2008年4月 3日

ひたすら寝て

風邪をひいてしまい、一人布団の中で苦しんでいました。
ひたすら寝ていました。
何か思い出せないのですが、似たような夢を
繰り返し見ていたような気がしています。

| コメント (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »