« 時間をかけて | トップページ | グループ展 »

2007年11月22日

制作もせず

今日は制作もせず展示を観て歩きました。
間島秀徳展・香染美術(阿佐ヶ谷)→日展・国立新美術館(六本木)→
個展会場→東儀悟史展・牧神画廊(銀座)→白崎彩子展・なびす画廊(銀座)→
賢弥展・b・tokyo(銀座)→tcaf内覧会・東京美術倶楽部(新橋)
あんまり観ていないようですが、日展は量が多いうえにどの作家も
これでもかって言うくらい1枚にパワー注ぎ込んであるので観るのに非常に疲れます。
公募展は競争なので日展は日展ですが過剰な表現になりますね。
油絵は知りませんが私は日展の日本画は結構面白くて良い作品も意外と多いと思っています。
でも、昔からとにかく疲れて1枚1枚丁寧に観ていられません。
tcaf内覧会は知っている人が多く
普段は人にほとんど会わない私はちょっと人あたりした感じでした。
でも、お祭りみたいなもので楽しかったです。
ちなみに私は10号の作品1点出品のみです。

« 時間をかけて | トップページ | グループ展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時間をかけて | トップページ | グループ展 »