« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日

涼しくなると

急に涼しくなりました。
涼しくなったのに飲み物を飲む量は変わらないのでトイレに行ってばかりです。
摂取した分だけ排出されています。
そんなことはあり得ないのでしょうが、感覚的には
摂取した以上に排出されているような感じでした。
でも涼しくなると温かい飲み物が美味しくなるのがうれしいです。

| コメント (0)

2007年9月29日

違うものになって

最初に描こうとしていたものと違うものになってしまうことがたまにあります。
それで出来たものが良ければそれで良いのでしょうが。
こういったことになる原因はそもそも
最初に描こうとしていたものっていうのが曖昧で
最後まで耐えられなかっただけなのかもしれません。
もっと抽出して描かないと時間もかかりますし、
作品の良さがわかりづらくなります。
今回はたまたま作品自体は悪くはなさそうなのが幸いです。
「どう転んでも作品になる」と自信を持って楽しめるような制作をしたいです。

| コメント (2)

2007年9月27日

どうやっても

自分にないものを持っている人の作品に強く惹かれ
うらやましく思うことがありますが、結局どうやっても私はその人のようには
作れないのだろうと思います。

| コメント (0)

2007年9月24日

手を見ると

筆や鉛筆の持ち方のせいかもしれませんが、
中指に出来たタコがよく見るとかなり盛り上がってきています。
左手と右手の指の比較をしてみるとよくわかります。
手を見ると何をやっている人かわかる人もいるでしょう。
手相なんかで手のひらのしわを見ているふりして実は
手に現れた特徴を見ることでどんな人物かをみているのではないかと思います。

| コメント (0)

2007年9月19日

寝る時間

毎日寝る時間が1時間ずつずれていきます。
規則正しい生活が未だに出来ない31歳。
規則正しい生活の方が絶対に効率が良いと思うのですが、
なかなか出来ないでいます。

| コメント (2)

2007年9月16日

泥っぽい絵

高山辰雄が亡くなったことを新聞を読んで知りました。
私は最初この作家の作品はそれほど興味を持っていませんでした。
でも観るたびによくみえてくる作品で私の中で年々評価が上昇している作家です。
毎年日展を観に行く理由の一つは高山作品を観ることでした。
私の趣味から言うと逆の泥っぽい絵ではあるのですが、
だんだん好きになっていったのです。
比較的最近の作品が特に良くて好きでした。
話したことなどは勿論ありませんが、昔エレベーターで一緒になった記憶があります。
すでにかなりのお爺ちゃんでした。
どんな目と手であの絵を描いているのだろうと観察した記憶があります。
しかし、高山辰雄といえば超ビックネームだと思っていたら、
私の家族はその名前すら誰も知らないということにも驚きました。
でもきっとそれが普通の家庭だろうと思い返しました。

| コメント (0)

2007年9月12日

気分転換なんて

この前のアートトップの記事で確かに自分で喋ったのですが、
思い返すとそれは違うなと思うことが2つありました。
その1つは気分転換に映画を観るということが1つ。
確かに映画はよく観ますがこれは気分転換なんてものではなくて、
制作から逃げている気持ちの方が強いのです。
しかし制作が上手くいかないときは映画を観ても、本を読んでも、散歩しても
全く解決することはありません。
何か全く別のことをしていても完全に忘れることなどできず、
時間だけが過ぎてよけいにストレスが溜まることもしばしば。
私は制作のストレスは制作でしか解消できないと思っています。
制作に行き詰ったときはどうしていますか?というような質問もよく受けますが
何か良い方法があれば私が知りたいです。
では実際そんなときにどのようにしているかというと、
とにかく・・・もがく。
とりあえずもがいてみるしか方法が思い浮かびません。

| コメント (3)

2007年9月11日

新美会

12日から新宿タカシマヤで3人展をします。
この3人展、「新美会」という名前ですが
(多分、新しい美の会という意味なのではないかと思っております。)
美術界で「新美」と言えば新宿美術学院ですよね。
私は河合塾美術研究所でした。
一緒に展示する釘町さんもたしか河合でしたね。
普通、大学で出身どこ?って聞くと生まれた出身地を答えるものと
思いますが、美術大学では予備校名を答えるのが自然になっています。

| コメント (1)

2007年9月 4日

巡回しております

先日池袋西武で開催されたグループ展「millenniamの星」ですが
現在大阪のそごう心斎橋本店 12階美術画廊に巡回しております。
10日までです。

| コメント (0)

2007年9月 1日

幸運な出会い

私が小学生の時から現在まで読み続けている漫画があります。
「ジョジョの奇妙な冒険」です。
大好きな漫画で私の人格形成上にも影響はかなりあるんじゃないかと思います。
小学生の時は泣きそうなくらい感動したのをおぼえています。
今日、作者の荒木飛呂彦先生と食事をともにするという信じられないようなことがありました。
緊張しましたが、非常に楽しくて、嬉しかったです。
ジョジョの話から絵画の話から色々話せたのも貴重な経験です。
作品を作ることでこんな幸運な出会いがあることがうれしいです。
作品を作っていて本当に良かったです。

| コメント (4)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »