« すっかり | トップページ | 引きづりながら »

2007年7月22日

ワンダーランド

高崎タワー美術館に「現代日本画ワンダーランド」という展示を観てきました。
作家5人のうち4人はよく知っている作家なのです。
作家はいないと思っていましたが、神戸智行くんが学生連れて来ていたので立ち話。
磯部光太郎さんがワークショップ中だったのでちょっと挨拶。
美術館といってもそれほど広くなくて、作品をじっくり観るのには
むしろこれくらいが良いと感じました。
2人は同じ部屋で愛しい世界が表現されていました。
別の部屋では岡村桂三郎先生が(いつものように)圧巻の展示。
塩崎顕さんの密度ある画面で楽しい展示。
展示を観た後に高崎の大きな観音を観て、ついでに登ってきました。

« すっかり | トップページ | 引きづりながら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すっかり | トップページ | 引きづりながら »