« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月29日

庭の金魚

庭の金魚がすぐに死んでしまうのですが、
理由は隣の畑の消毒があるようです。
ほんのわずかな農薬でも入ると全滅してしまいます。
気付いて水を変えましたが、だんだん弱ってきて・・・。
冬の間分厚く氷が張っていてもその下で生きながらえていた丈夫な
金魚でしたが農薬には弱いようです。
庭のパーツの一つとして最初は飼い始めた金魚ですが、
生態にかなり詳しくなってしまいました。
かわいいのだけど死んでしまうと悲しいです。
そんな悲しい日が続いていました。

| コメント (4)

2007年6月24日

広がりました

汚れました。
布で拭いたら広がりました。

| コメント (0)

2007年6月19日

技術や技法

作家は長いこと作品をつくっていくとその作家だけの
技術や技法が出来てきて、それがその作家の魅力の一つにも
なり、セールスポイントにもなってくるわけですが、
私の作品にはそういった独自の技術も技法も全くありません。
でも、このなんでもない描き方が結構気に入ってます。

| コメント (2)

2007年6月17日

たまたま

小さい作品をのんびりと作っています。
私のつくる一番小さいサイズは最近は6号(41cm)にして
それより小さい作品は積極的にはつくらないことにしています。
紙を切って水張りした後、紙が中途半端に残り、残った紙は
一応さらに一回り小さいパネルに水張りしておいてあるのですが、
このパネルにはいつ描くことになるのかわかりません。
この半端に残った紙から細長い作品とか、小さい作品が
出来てくるのはたぶん私だけではないでしょう。
作家は細長く描きたかったのではなくて、たまたま細長い画面があったから
そういう作品をつくることになったということがあるはずです。

| コメント (4)

2007年6月14日

あまりに重い

先日、額縁を買いました。100号の大きさのアクリルボックスを2つ。
額縁屋さんもこんなに大きなアクリルボックスは作ったことがないと
言っていましたが、軽い気持ちで頼んだものの大きな問題点がありました。
あまりに重い・・。重すぎます。40~50kgはありそうです。
大きくなるとアクリルが厚くなりそのため重くなるようです。
普通の金具ではとても壁が耐えられそうにないので少しゴツい金具も買いました。
以前は額縁は付けずにいたのですが、あまりに汚れやキズが目立ちすぎるので
売れた作品には付けることに最近はしています。
作品を「飾らない」、傷やほこりから「守る」、という2つを額縁のコンセプトにして
選んできましたがこれに加えて大きい作品は「軽い」ということも以降加えることにします。

| コメント (0)

2007年6月10日

押し込んで

与えられた壁面に対してかなり窮屈に4枚押し込んできました。
個展ならこんなに押し込まないと思いますが、
グループ展はきつめでも良いのかもしれません。
展示の詳細はHPに載せてあります。
なお、今回11日18時よりオープニングパーティーを催します。

| コメント (0)

2007年6月 8日

無造作に

苦労して構成して画面をつくっていって出来た作品は
絵画のルールの中で見られてしまい、アトリエで作っているときは良いのですが
展示した時にイマイチなことが多いです。
無造作に投げ出したような作品の方が展示した時に上手くいきます。
絵画をつくりながら絵画にならないようにして
無造作にポンっと作ることが出来たらきっとその作品は良いはずです。
今回はそんなことを考えてつくりましたが、作品をあらためてみると
まだつくりすぎているような気もします。

| コメント (0)

2007年6月 7日

どこかで観た絵

どうつくっても何処かの誰かの作品に似てきます。
どこかで見た風景であると同時にどこかで観た絵でもあることは
面白く発展させることも可能なんじゃないかと思います。
リュック・タイマンスについて書かれた本で
「すべての絵画にはすでにそれ自体の歴史が組み込まれている」
と言っていましたが、そういったものを以前から感じています。

| コメント (2)

2007年6月 3日

進む

一日出歩いていて制作進まず。
でも、今回の制作はゴールに向かって進むだけなので焦っていません。

| コメント (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »