« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日

キラキラ

現在、ちょっと変わった感じでキラキラな作品を作ってます。
金や銀だと日本画になりすぎなのでパールにしています。


| コメント (3)

2007年5月28日

制作枚数

私の1年間の制作枚数はだいたい40枚くらいだと思います。
この枚数はかなり少ないほうだと思いますが、現在の私のペースだと
このくらいしかつくれない現実があります。
描くのが遅いのか、描き始めるのが遅いのか、どっちにしてもスローペースです。
最大の要因は失敗作や未完成作をたくさん作ってしまうってことかもしれませんが
そういう作品はどうしても出来てきてしまいます。
たくさん作れるときは良い作品もたくさんでてくるのは間違いないので
次の個展までにどれだけの枚数が描けるかも重要です。

| コメント (0)

2007年5月26日

終了

個展終了。
今回の個展は実は今までで一番良い展示になった気もします。
力不足な点は多いものの次に繋げていこうと思います。

| コメント (2)

2007年5月21日

選択によって

描き進めるうちにいくつかの選択肢の中から
一つを選ばなくてはならない場面に何度も遭遇してきます。
その選択によって出来てくる作品は違うものになってきます。
その選択はどちらかに決めなくてはならないのですが、
他の選択も気になって制作することがあります。
似たような作品をいくつも作ってしまうのはそういうことが
理由の一つとしてあるようです。

| コメント (0)

2007年5月18日

苦いコーヒー

コーヒーメーカーでコーヒーを入れて
出来る迄の少しの間に下図を作って
コーヒーのことをすっかり忘れて、、
この煮詰まった苦いコーヒーをいままでに
何杯飲んだのかわかりません。

| コメント (5)

2007年5月17日

想像するのも困難な

作品を制作してそれを売って生活しているとなぜか思われがち
なのですが、全然そんなことはないのです。
年間どれだけ売ればぎりぎり生活できるのかと計算してみたら
10号の作品を50枚くらい売らなければならない計算・・・。
想像するのも困難な数字です。
でも、知り合いの画家には制作だけで生活している人が結構いて
感心させられます。
いまだに売ることに焦りもなく制作しているのは
どうなのでしょう?(って考えると少し焦りもあるかな・・)
作品を売って生活するというのも一つの決意がないと
出来ないことじゃないかと思います。
作品の迷いも方向の迷いもある私はまだ決意できていないようです。

| コメント (0)

2007年5月14日

世界で一番静かな場所

ここは世界で一番静かな場所なんじゃないか。
と思えるほど静かでした。
私の個展、人がきませんね。
しょうがないですかね。
暇でした。

| コメント (10)

2007年5月10日

搬入、展示

作品の搬入、展示をしてきました。
2階建のギャラリーなのでいつもより時間もかかって、3時間ちょっと。
ギャラリーの石原さんが連休中に壁をきれいに塗りなおしてくれて
白い壁に展示できてうれしかったです。
今回の展示は半分は3月にした個展出品作ですが
新たに描いた作品も含め良い展示になったのではないかと思います。
個展の詳細はHPに載せてあります。
よろしくおねがいします。

| コメント (2)

2007年5月 9日

苦心した跡が

ここ数日長いことアトリエにいましたが作品数は思っていたよりも少なく、
また、完成しているといっても出品するかどうかはまだ分からない作品が
多かったりで会場には何点展示できるかわかりません。
ああでもない、こうでもないと苦心した跡が見えるのは
作家の思いを込めた痕跡だと言えるような作品スタイルではないので
展示してみて考えようかと思っています。
ダサく見えたら、その作品は出さないかもしれません。
一応、最低限の展示する基準は持っているんです。
甲府での個展なので観に来れる方も少ないかと思いますが
土曜日と日曜日はできるだけ会場にいるつもりです。
それ以外の日は連絡をいただければと思います。

| コメント (0)

2007年5月 6日

この時期くらいから

アトリエにこもりがちなここ数日。
外は気持ちいい天気ですが、光のほとんど入らない部屋で
しかも、夜に制作することの多い私にはほとんど関係がないことですが
買い物で少し外に出て気分転換。
庭には毎年この時期くらいから見かけるトカゲが岩の陰にいました。

| コメント (0)

2007年5月 2日

変わって見えて

このブログを始めた一番最初に自分のことをなんというか
そういえば少し考えた記憶があります。
「僕」とか「俺」とかもありますが、「私」にしました。
「私」と書いてある部分を「俺」にしてみると文章を書いている人の
人相まで変わって見えてきます。
ちなみに普段は私は「私」とはあまり言っていません。

| コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »