« ガチガチ | トップページ | お正月 »

2006年12月30日

どこかで時間作って

「犬神家の一族」と「鉄コン筋クリート」を観ました。
「鉄コン筋クリート」は原作も良いけど、映画の方が好きなところも多かったです。
「犬神家の一族」は中学生くらいの時に初めて観た時は
衝撃でした。今回のはホントにそのまんまリメイクしたもので
謎解きの部分を知っていたから初めて観た時の面白さは
ないのですが、それでも結構楽しめました。
「市川崑物語」(岩井俊二監督)もどこかで時間作って観にいきたいんですけど・・。

« ガチガチ | トップページ | お正月 »

コメント

阪本トクロウ様

こんばんは。

阪本先生を何とお呼びすれば良いのでしょうか。阪本先生でよろしいのでしょうか。また、トクロウは漢字でどのように書くのでしょうか。

5月15日土曜日に銀座の「桜の木」で鉄棒のエッチングをいただいた中年女性です。画廊の方のはからいで先生と一緒にエッチングの前で写真に撮っていただき、「果たして阪本先生は不肖ワタクシと写真におさまって楽しいのか?」と内心思ったのですが、貴重な機会でありましたので、つい、一緒に写真におさまってしまいました。先生はあまり嬉しそうな顔をなさっていなかったので、すみません。ありがとうございました。

松本大洋さんの漫画がお好きだそうですが、私も好きです。特に「花男」が好きです。作者がこの漫画のテーマは「夢を持っている人間のハタ迷惑な感じ」と聞いたからです。

また「犬神家の一族」も好きです。家の持つ重苦しさが感じられて共感するところがあります。また、小学生の時、松本清張の「砂の器」を読み親から逃れたい切実な気持ち、生きていく重さといったものを感じました。

私は現在、ナショナル・ジオグラフィック公式日本語サイトに掲載されるニュースを訳す仕事をしています。ナショジオの写真が素晴らしいのは周知の通りですが、中には地球がまるで1つの生き物のように感じられる写真があります。水資源に関する写真は特にそうです。

阪本先生も是非、このサイトをご覧になって下さい。何か参考になる写真もあるかもしれません。

公園の砂場をモチーフに作品を制作することを思案中とうかがいましたが、完成するのを楽しみしております。

菅原 佐知子

投稿: 菅原 佐知子 | 2010年5月17日 20:00

個展、観に来ていただいてありがとうございました。
写真は緊張してしまうので苦手で笑顔にならないのですいません。特に嫌いというわけではありません。
名前は漢字だと篤郎ですが、アツロウと昔から読まれることが多かったのでカタカナにしています。記憶に残りやすいようにカタカナにしてみました。
ナショナル・ジオグラフィックのサイトも観てみます。

投稿: トクロウ | 2010年5月17日 20:45

阪本先生

こんにちは。

先生にお目にかかった、この時の写真を銀座の桜の木からいただきました。私だけが嬉しそうな顔でうつっており、お恥ずかしい次第です。ありがとうございました。

あの日、千住博先生から送られた花が見たこともない珍しく、素晴らしい花だったので、千住先生はさすがだと思いました。色々な方に花を贈る機会がたくさんおりなのでしょう。

また、千住先生の日本画が素晴らしいのはもちろんですが、千住先生は阪本先生がご自分とはまた違った土俵に移られたので内心、ほっとされているのではないかと私は思いました。才能とはそういうものでありましょう。

素人の勝手な推測ですみません。

桜の木で先生の個展をなさるのに4年越しだったとうかがいました。他の催しでも、またお目にかかるのを楽しみにしております。

菅原 佐知子

投稿: 菅原 佐知子 | 2010年6月21日 15:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガチガチ | トップページ | お正月 »