« 勘 | トップページ | なにしてるの? »

2006年11月 3日

お知らせ

第3回東山魁夷記念日経日本画大賞展がニューオータニ美術館で開催されています。
私の作品は今年の1月に開催した現代美術「こうふ展」に出品した作品を1点出品しております。
他の作家の方々は活躍されている人ばかりでそのどれもが大作で見ごたえがあると思います。
先日オープニングレセプションに出席しましたが、さすが1流ホテルといいますか
今までのどのレセプションよりも料理が豪華でした。
ただこういうパーティーでは食事に集中できず、味がよくわからなくなってしまうのが
残念ですね。
大学の時の斉藤典彦先生や日本画塾の小滝雅道先生と一緒に展示できる日が
来るとは思いもよりませんでした。
竹川リサさんや町田久美さんなんかも作品は以前から知っていましたが
実際にお会いすると作品だけじゃなくて人間も面白くて刺激になりました。
この展示については私もまだよくわからないところがありまして・・
そのことについてはまた後日改めて、何か書こうかと思います。

この展示、入館料が作品13点しかないのに700円もしちゃいます。
招待券が山ほどあるので必要な方にはお送りいたします。

« 勘 | トップページ | なにしてるの? »

コメント

日経新聞紙上で初めて阪本さんの作品を見た者です。
私は54歳のオジサンですが、とてもあなたの絵に
興味をもち、一晩、新聞を壁に貼って眺めていました。
さらにこのホームページで、2001年作のデイリー
ライフ(黒いクレーン)を見ましたが、とても新鮮な
驚きを感じました。
それは、なぜなのかは私にも分かりません。
ただ、見たことがないものを見た!という視覚的な
驚きでありながら、とても音楽的な衝撃を受けました。
私はあなたの絵を見て、触発されるミュージシャンや、
音楽家がでればいいなあ、と願っています。
活躍、期待しています。


投稿: やまもと | 2006年11月 4日 14:21

あ、それいつまでですか!?
もしよろしければ2枚送っていただけたら嬉しいです(ちゃっかり)
トクロウさんの絵も見たいし、今は斉藤先生に教わっているので是非とも行きたいです~~(^-^)
ごちそう羨ましいです。。。

投稿: ゆうき | 2006年11月 4日 22:56

お久しぶりです。吉田です。
日経おめでとうございます!
他人事ながら、トクロウさんと斉藤先生が同じリーフレットに載ってるのを見て、ちょっと興奮しました。生徒と教授という関係がこう変化していく。当然の流れですが、なかなか感慨深いですよね。

私も今年卒業制作等で斉藤先生にお世話になっているので、早いうちに伺おうと思っています。あそこは、どうも「場違いだよ!」と目で言われてる様で肩身が狭いですが、、、。
チケットがまだ残っていましたら、譲っていただけると貧乏学生にとっては助かります!なんて。


投稿: ai | 2006年11月 5日 18:53

吉田さん。吉田という知り合いが多くてどの吉田かわかりませんが、まだ学生なんですよね。今大学4年の吉田さんと判断しました。送ります。
ゆうきさん。斉藤先生のは良い作品ですよ。
僕のはいつもどおりな作品です。
近日中に送ります。
山本さん。
新聞で観ていただきありがとうございます。
他の作家より現実的なところが新鮮だったのかもしれません。
夢や空想や思想を描いた作品が今回の出品作でも多いですから。

投稿: トクロウ | 2006年11月 5日 21:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勘 | トップページ | なにしてるの? »