« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月29日

時計

電波時計が欲しくていろいろ探していますが、良いデザインがありません。
良いデザインというか・・・時計なんのデザインはデザインして欲しくないのに
余計な装飾が多くて困ります。
何か良いのないですかねー。
・・・掛け時計の位置変えた時に癖で以前かけてあったところを
つい見てしまいませんか。
その瞬間は一人でくやしがっています。

| コメント (4)

2006年8月24日

郵便番号と名前だけで

展覧会のDMが毎日のようにたくさん来ます。
今日来たDMはたぶん書き忘れたのだろうと思いますが、
私の家の住所が全く書いてありませんでした。
郵便番号と名前だけでよく届いたなぁと感心しました。
名前がカタカナで珍しいから郵便局の人がわかったんじゃないかと思います。

| コメント (10)

2006年8月22日

どれでも良いんですが

4枚描いてみましたが、今回はこの中から1枚を選ばなくてはなりません。
どれでも良いんですが、今回は一番描いていない作品にしようかと思っています。
百貨店の美術画廊での展示なのですが、百貨店らしくないほうが
面白いんじゃないかと思うのですが、どうでしょう。
何点か同時進行で制作しないと出てこない作品というのがあって
この作品はそういう作品だろうと思います。
1点だけ描いているとどうしてもその1点にすべてをこめようとして
だんだん訳がわからなくなってくるんですよね。
この作品以外の他の3点はいつか展示することもあるでしょう。

| コメント (0)

2006年8月16日

制作が進むと

ある程度制作が進むと完成図がかなり見えてきます。
同時にその作品の限界も見えてきます。
もう大きな構造は変えようがないけれど、少しでもよくしたいので
ちょっとしたことでその限界を超えられないかと頭を悩ませます。

| コメント (3)

2006年8月11日

時間は過ぎて

簡単な下図をつくっていると、いくらでも出来てきますが、
どれも今までとそれほど変わりないものが多い気がします。
もっと圧倒的に飛躍したいところです。
そんなことを夢見つつ、自分の作品の歴史の隙間を少しずつ埋めて
いくような今回の作品も必要だろうと思います。
・・・かなりのんびりしていたら、いつの間にか時間は過ぎていて、
まぁでもこれはいつものことになってしまっています。
締め切りがないと本気にならないようなのです。

| コメント (0)

2006年8月 8日

台風がきているみたい

朝は朝焼けがきれいで、昼間は涼しくて苔がきれいで、
夕方も夕焼けがきれいだったけど、
台風がきているみたいで、明日は雨のようです。

| コメント (0)

2006年8月 5日

中身より表面

作品に額縁を付けることもありますが、額縁の箱というのが実は大切らしいのです。
以前少し箱が傷ついていて、私は作品も額縁も傷ついていないのだから
良いじゃないかと思ったのですが、それでは駄目らしいのです。
絵を守る額縁、その額縁を守るダンボールの箱、そのダンボールの箱を
守るエアキャップ・・・なんなんでしょう??
でもこれと似たようなことはもうそこらじゅうに溢れているので
むしろ当然といえば当然かもしれません。
中身より表面というのはある意味リアルなことにも思えます。
これとは少し意味が違うのかも知れませんが、私の作品もなんだかんだでほとんど
表面のことばかり考えています。
やはり表面も中身と同じように大事なんです。

| コメント (3)

2006年8月 2日

50号のパネル

アトリエの片付けをしていて、まだ描かれていないパネルを1箇所にまとめたら
そのパネルの枚数が60枚もありました。
今回はS10号のパネルに制作しようと思っていたのに
ちょうどS10号のパネルだけが無く、結局新たに注文することに・・。
雲肌麻紙が張られた50号のパネルも出てきて、これは多分5年くらい前に
引越しの時に包んでそのままの状態だったのでしょう。
一体何を描こうとしていたのか思い出すことも出来ません。
何も描くものが見つからないまま、そのまま包まれていたのかもしれません。
でもいつか描こうとは思っていたはずで、パネルは丁寧に包まれていました。
そんなことで、この夏はこのパネルにも何か創ろうと思います。


| コメント (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »