« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日

白い斑点

今年制作したものをまとめて撮影しました。
ついでに5年くらい前に描いて撮影に失敗していた作品も撮ろうと思い
引っ張りだしてきたわけですが、梱包を解いてみたら、白い斑点・・。
カビだらけでした。
カビはなんとか除去したものの同じ状態で保管しておいた作品も
同じ状態なんだろうと想像できるので困っています。
今までカビ対策なんて考えもしなかったんですが、どうしたものか。
撮影は30枚ほど撮って3万円でした。
これからはもうデジタルだけでたぶん良いでしょう。
その30枚の作品と今日届いた額縁とでアトリエは制作できる状態ではなく
あと1週間後に迫ったグループ展の作品も描かなければならないんですけど・・。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月29日

終了

個展、終了しました。
最後にもう一度作品を自分で観て、やはり今回の展示は
良かったと思えて終えることが出来ました。
3週間もの長い期間展示できて良かったです。
ギャラリーの本城さんにも紹介文を長いものを書いていただいたり
して非常に感激しました。
私も良い作品で応えることが出来たのなら良いのですが
良い展示だったと自分では思ってます。
会場にあまり居なかったので会えなかった人もたくさんいましたが
観に来ていただきありがとうございました。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月24日

大きな虹

今日の午後に嵐になりました。
その時私は窓を開けて寝ていました。
風の音があまりに強くて起きたらすぐに嵐に。
大粒の雨やヒョウが降ってついに雷まで。
少ししたら嵐は過ぎ、空はどんより暗いのに西日が差してきました。
家の前にあるマンションにあたった西日と曇天のコントラストはいつか見た記憶が
確かにあります。
遠くに大きな虹が見えました。
あんな虹も長いことみたことない気がします。
嵐が過ぎたあと再びベットに戻りました。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月21日

寝つきが悪いのに

1週間ぶりに会場に足を運び再び自分の作品を観て見ました。
でも、もうこれは自分の作品じゃないような気もしてきます。
いやこれは確かに自分の作品であるし、大切な作品なのだけれど
もうこの作品たちとの直接の関係は終わったことなのでしょう。
もう制作に戻りたいと思います。
もともと寝つきが悪いのに制作していないとさらに悪くなるので。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月17日

明日にしよう

個展の直前まで制作していたこのアトリエはそのままエアキャップや
クラフト紙や持って行かなかった作品などがそのままの状態で、
掃除すれば良いのにやる気が起きず、アトリエの片隅で無意味に思える
時間が過ぎていきます。
いい加減片付けないと・・・と思っているストーブがとても目障りで
でも片付けるのは明日にしようと思いながら一日が終わります。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月14日

ギャラリーにいると

ギャラリーにいるといろいろな人からいろいろなことを
聞かれますが、相変わらず上手く答えられません。
大体同じ質問なので慣れてきそうなものですが・・。
言葉にも自信持っていけばよいのでしょうけど。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月12日

小さく夢のない話

来月にもグループ展があるのですが、
枚数が少ないということと郵送費を節約したいという悲しい理由で
誰にもDMは送りません。
今開催している個展の芳名帖の横においてあるので興味のある人は
何枚でも持っていってください。
今年は展示が続いてDM郵送費がちょっとイタイです。
なんて小さく夢のない話なんだろう・・。
でも、きっと他の作家もこんな小さなことで苦労してるはずです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 9日

クロニックペイン

個展「クロニックペイン」がギャラリー本城で始まります。
地図や時間などの詳しいことはホームページに載せておきました。
夢や空想よりも私が生きている現実の世界を描くことを意識しました。

| コメント (5) | トラックバック (0)

2006年5月 3日

作品が作品を呼んでいく

今回の個展は12枚~15枚の予定でしたが、
さっきアトリエにある描きかけの作品も含めて数えたら全部で22枚。
制作していると作品が新たな作品を呼んでいくのでいつの間にか
増えてきたりするものです。
しかも、まだ新しい作品つくろうとしてたりします。
でも時間はそんなにないのでこの作品たち全部を
出品するのはちょっと無理かもしれません。
ギャラリーの空間にどうねじ込んで世界を見せていけば良いのかも
そろそろ考えないと・・。
普通の展示の仕方は今回は出来ないので果たして上手くいくかどうか、
少し不安ですが、お楽しみということにしましょう。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月 1日

停止

かなり惜しい作品があってここしばらくアトリエの片隅において
とりあえず眺めています。
描き始めたときはこれはイケル!と思っていたのに段々進めていくうちに
凡庸になってきて、そして停止。
少し繊細に描いてしまったことが問題だったのかもしれません。
なぜか繊細なイメージがついてしまっている私ですが、
私の作品の魅力は繊細なところなんかじゃなくて全く反対の
ところだと自分では思っています。
その辺を意識してあとちょっとやってみたいと思っています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »