« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日

モヤモヤの中で

なにかすごく漠然としたイメージは頭の中にあるのですが、
それが果たして何なのかわからず、しばらく考えていました。
あまりに漠然としすぎていて、形もわからないので
ドローイングもできないようなものなのです。
そんなときはモヤモヤした気持ちですっきりしない状態ですが
一晩寝ると結構その漠然としたイメージ自体を忘れていたりして
一瞬スッキリするのですが、でもアトリエに入るとすぐにまたモワーっと
出てきて再びモヤモヤ、モヤモヤ・・(エンドレス)。
それでちょっとでも形になってくると今つくっている作品をほったらかして
つくり始めてしまうから途中段階の未完成作ばかりアトリエに
溢れてしまったりして、さらに大抵そういうのは実際に形に
するとたいしたことはなくて、その作品も未完成のままアトリエの隅に
置かれることになったりしています。
・・非効率ですが何枚か出来ると思っています。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月29日

勝手に紹介

ここに大したことも書かず、あんまり面白くないブログだなぁと
自分でも思っていますが、それはしょうがない、だって私は画家ですから。
でも、画家の人もこういったブログやら日記やらを書いている人は
結構居て私もよく見ていてそれが結構面白いんですね。
その中から少し(勝手に)紹介。
榎並和春「あそびべのはる・ここだけの日々」
三瀬夏之介「シナプスの小人」
森村泰昌「ときおり日記」

画家や美術家の生活、制作、思考が見れて面白いと思います。
森村泰昌「ときおり日記」は最近見つけたのですが、そのまま本に
なりそうな文で、完成度という言葉が合っているのかどうかわかりませんが、
日記らしからぬ完成度してます。
どの人も実際には1、2度しか会ったことがないのですが、
毎日読んでいるとそんな感じがしないんですね。

(何かオススメのがあったら教えて下さい)

| コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月27日

眩い光

久しぶりに昼間に外にでていたら光が眩しかったです。
アトリエに電気4つもつけて普段明るいと思っていましたが
やはり、太陽の光に比べたら全然光の力が違いますよね。
冬は太陽が低い位置にあるから余計に眩しいです。
蛍光灯の下にずっといるのは健康に悪いんでしょうね。
アトリエの光は現在、蛍光灯のみなので、いまいちなんです。
今年中には白熱灯系の光も取り付けたいところです。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月24日

パネルの比率

たまたま残っていたF100号のパネルに紙を張ってみたのですが、
いまのところなにも決まっていません。
Fサイズのパネルの比率はもう見飽きていて、構図が普通になりそうで
逆に扱いづらかったりします。
私の作品に正方形やかなり細長い長方形が多いのはそんなことも
理由の一つです。
このFサイズの比率の方が普通に描くのであれば描きやすいのでしょう。
でも描きだすとそんな縦横の比率なんてあんまり気にならなくなります。
描く前だけですね、こんなパネルの比率のことを考えるのは。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月21日

No Border

日本橋でのグループ展も早くも終了。
と言うことで搬出のため車で東京まで。
途中で中目黒のミズマアートギャラリーで会田誠「恋の前厄」を観て、脱力・・。
そのあと東京都現代美術館で[MOTアニュアル2006No Border]を観る。
アニュアルは知ってる人も何人か出していて、楽しみにしていた展示です。
作品もすごく良かったです。見ごたえあります。
たっぷり時間をとって観てしまったため、銀座でいくつか観る予定の展示は
観れず、日本橋へ。
日本橋の小津和紙で急いで麻紙を買って、やっとギャラリーに着いたのが
終了30分前。
MOTで気合の入った作品観たあとだけに、自分の作品がショボショボでしたね。
雪の中、安全運転で帰宅。家に着いたら頼んでいたパネルも届いていました。
個展までちょうど3週間。
とにかく、今つくるべきものをつくるだけです。
今つくらなければならないものが私にもあるはず。

| コメント (2) | トラックバック (1)

2006年1月20日

覗きながら

車に乗りながら写真を撮ることがよくあります。
これがなかなか難しいのだけれど、普段撮れない写真が
撮れたりして結構面白いです。
でも危険です。
ファインダー覗きながらの運転は特に危険です。
皆さんも気をつけましょう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月18日

的確に造っていけば

なんか、時間がどう考えても足りないのですが、そんなことは
半年も前からわかっていたわけで、言い訳のしようも
ないのですが、ほんと3週間ってすぐです。
3週間と考えるからいけないのかも、20日以上あると考えると・・・
大して変わりませんね・・。
的確に造っていけば時間なんて問題ないはずで、プランをもう少し考えてみたくなった
こともあり制作のスタートはまだ先になりそうです。
のんびり考えたいところですが、下図をもっと作って完成イメージ高めたいので、
下図も描かなきゃならないし、まだ数枚、パネルに紙も張らなくてはなりません。
いつ頃画面に向かうかある程度決めておかないとあとで地獄を見ることになり、
それは健康にも悪いので出来るだけ避けたいんですが・・。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月16日

風邪をひいてしまって

ここ数日風邪をひいてしまってヘロヘロですが、ちゃんと作品の搬入が
終わってから風邪をひくところなんかはある意味エライと
われながら思いました。
作品は展示中ですが、私のやるべきことはもう終わったので、
いま考えなくてはならないのはとにかく来月の個展ですね。
私の希望としては全部新作で構成したいところですが、
もうすでに1ヶ月きってますから、果たしてどれだけ枚数ができるのか自分でも
わかりません。

とりあえず、100号のパネルに水張りしました。

| コメント (3) | トラックバック (0)

2006年1月13日

解放されたのに

さっきまでここにあった作品も搬入されました。
少しさみしくなったこのアトリエも
すぐにまた以前の状態のようになるのでしょう。
作品から解放されたのに、なにかまだ胸の奥にモヤモヤとしたものがあって、
すっきりしなくてなにか残っている感じがします。
作品は「ゴール」が見えないうちに締め切りが来て出しました。
完成作を前に少し失望しつつも展示することにしました。
作品が悪いわけではなく、最初の予定ではもっと良いものがつくれると
思っていたんですが・・・次の作品に期待しましょう。
(繰り返しますが、作品は悪くないと思っています。
大きい作品は良いもの造ろうと自分でも期待しすぎてしまっているのかも知れません)
結局展示作品は4点。変形の120号2点、S80号1点、S25号1点です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月11日

まだ1日あるので

80号の作品を紙ヤスリで擦って少し滑らかにしました。
搬入2日前にするのはどうかとも思いましたが、
やることは決まっているのでなんとかなるでしょう。
画面の一番下の層に下地として使った粗いジェッソがあまりに
描きづらくて、しかもあまり美しい効果が表れなかったので
多分絵の具を落としたのは正解だと思います。
120号の作品もこれ以上描き加えるべきかどうかいまだに
決まっていませんが、このまま出品というわけにはいかなそうです。
まだいまいちスケール感が出てこない感じがします。
この作品は、ほぼスケール感だけの作品なのですが、今の状態を崩さず、
スケールアップする方法はないものかと考えています。
まだ1日あるので悪あがきしてみます・・。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 5日

違う作品

最近よくやってしまうのですが、今回のグループ展の
DMに載せた作品はその後加筆して少し違う作品になっています。

2つのグループ展出品作の何点かは2月の個展にも出すかもしれません。
なおDM欲しい方はメールで住所教えてください。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »