« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月31日

まだ見たことの無い作品

この1年、展示が多くあった割にはあまり作品数も多くありません。
ですが、1年前には無かった作品が今これだけあることは現実です。
1年後にもまた何枚かはまだ見たことの無い作品が
出来上がっているでしょう。
その出会うであろう作品のことを想像していたら、
興奮し、なぜか自信が沸いてきます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

気配がしない

今年は大晦日もいつもの日と変わらないです。
今日も良い作品が出来る気配がしないんですねー。
困りました。
いつのまにか画面がごちゃごちゃうるさくなっているんですね。
ごちゃごちゃしてくるとバランスばっかり見てしまい進まないんです。
絵の具もモサ~っとしてきてダサくなりつつありますし、
一気に終わらせたいところです。
一か八かキャンバスを剥がして最初からやり直すというのも
一つの手ではありますが・・・。
作品にとって最も大事なこどだけ画面に残っていればいいのに
大事なことが強くならず、進めるうちに弱くなってくるのはなぜなんでしょう。
でも別に悲観はしていません。
いろいろやっているうちに、そのうち良くなってくるでしょう。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月27日

境界線上の作品

ある境界があってその境界線上の作品でもあることが
今回の作品のおもしろさの一つだと思っています。
この境界線上は一歩間違うと途端につまらなくなる場所だと思います。
過去にも何度も踏み外してしまったことがあるだけにドキドキする場所でもあります。
でもそんな場所に行かないと作品は生まれてこないんですよね。
今度の作品は特にあぶない作品。
でも上手くいったら結構カッコイイ作品になると思ってるんです。
そんなことで、やっと80号と120号の2枚も描き始められそうです。
あと2週間くらいありますが、お正月をはさむのが少し心配ではあります。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月23日

これでいいんだと思うときは

上手くいっているときは多少矛盾があっても、
画面がきたなくてもこれでいいんだと思える。
これでいいんだと思うときはコンセプトがしっかりあるから
そう思えるのでしょう。
完成するときってそんなときです。
いつまでもダラダラ長く制作しているときは、
つまりゴールがないから完成するわけがないのです。
多くの作品は締め切りまでギリギリつくっていたりもしますが
だからといって良くはならないですしね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月19日

寒さに震えながら

行こう、行こうと思っていたらいつのまにか最終日に
なっていた横浜トリエンナーレ2005。
音声ガイドを借りて聞きながら観たので思ったよりも楽しめました。
音声ガイド無しだと私にはちょっとキツかった思うのでこれを
借りたのは正解でした。
倉庫という今回の会場の場所を生かした作品が多かったので
とにかく実際に観て、体験してみないと図録なんかを見てもどうしようも
ない展示ですからね。寝ないで行ったからとっても疲れたんですけど、
観れて良かったんじゃないかと。
賛否あるんだろうけど、とにかく続けていってほしいものです。

しかし、とにかく寒かったです。寒さに震えながら5時間半は体に悪いです。
駅のキオスクで買ったホカロンがあんなに活躍するなんて思いませんでした。


| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月18日

ということで小品

昔は一枚だけしか描けなくて、こんなに画面を並べて描くことなんて
出来なかったのですが、同時進行で描いていくほうが
上手くいくこともあるんです。
一枚だけ描いていたのでは出来ない作品が
同時に数枚描くことで出来てくることがあります。
1枚にすべてを注ぎ込んだ超大作には憧れるんですが、
今それをやったら確実に失敗することがわかります。
ということで小品(30号くらい)ばっかり描いてます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月15日

嘘っぽく思えて

なにかここに書こうと試みましたが、書いているうちに嘘っぽく
思えてきて全部消してしまいました。
ということで今日は何も書くことありません。
・・・こういう途中で書くのが嫌になることってよくあるんです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月12日

氷が張るくらいの寒さ

ここのところまた植木を買って庭つくりなんかをしてるのですが
朝は氷が張るくらいの寒さなので本来は植える時期じゃないのでしょう。
そんなことで植物の心配ばかりしています。

| コメント (3) | トラックバック (0)

2005年12月 7日

冷たい雨

地元のJリーグのチームがJ2で3位になったのでJ1との入れ替え戦に
応援に行ってきました。
J2が始まって最初の3年はずっと最下位でしたが、最近少し
強くなっていたんです。
ゴールも多いけど失点も多く、先日はロスタイムに3点入れて逆転勝ち、
その次は0対5で負けという期待を裏切らない楽しいチーム。
すっごい寒くて、途中から冷たい雨まで降ってきて、そしてロスタイムに
なぜか停電・・。停電も2,3分なら楽しいものですけど・・。
実際に競技場で観るのはテレビで観るのとは違う雰囲気で
きっとピッチにいる選手はさらに待ったく別の見え方がすることでしょう。
作品描いていても造っている人の見方と、観ている人の見方違いますしね。
・・ちなみに試合は2対1で勝ちでした。

| コメント (3) | トラックバック (0)

2005年12月 4日

なにかを期待しながら

作品を描きながら、出来上がった時のその作品になにかを期待してしまいます。
期待どおりの時もあれば、期待はずれもあります。
画面に表れたものがどんな結果になろうとも、そのときは
きっとなにかを期待しながら造っているはずです。
当然、最初から期待できないものには手をつけられません。
同じような作品になってしまうと期待できるものは少なくなるものです。
でも何かちょっとでも期待できると、つくることができるのです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »