« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月29日

カップルの会話

いろいろと見て回っていたら展示会場には1時間も居なかったです。
お寺や美術館を観て回ったりしてました。
最近自宅の庭を造っていることもあり、お寺では襖絵以上にお庭を丹念に
観てきました。
あと他の出品者の人と水族館なんかにも行ってきました。
水族館はいいですね。楽しかったです。
一緒に行った人が日本画家だったので、「こういう魚やクラゲ描く人いるよねー」とか
「水槽の前に人物が立って背景の水槽の中の魚が幻想的に泳いでいる風景とかも
よくあるよねー」なんて会話をしつつ観てました。
でも、それを描きたい気持ちは私もよく分かります。

大阪はあまり行ったことのない土地でしたが、なんか
東京並みに人が多くてゴチャゴチャしてました。
電車に乗っていてとなりに座っていたカップルの会話が面白かったです。
やっぱりここは大阪だと感じた瞬間です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月26日

27日から

27日から11月2日まで大阪の近鉄百貨店上本町店の美術画廊で
「銀河の会」というグループ展を開催しています。
メンバーは岩田壮平、菅かおる、釘町彰、阪本トクロウ、千住博、
田中みぎわ、東儀恭子、冨田典姫の8人です。
私は6~10号程度の作品を3点出品しています。
今回は誰にもDM出していませんが、
一応初日の夕方だけ会場にいます。
百貨店の画廊のような場所に私の作品が似合うのかどうか
疑問ですが、展示されると案外その空気と溶け合っていそうで少し恐いです。
この前8月に京都に行った時はどこにも行かなかったので今回は
京都に立ち寄って観光したいとおもっています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月25日

しばらく考えたあとに

画面の中にこれを描かなくても良いくらいだと思いつつ、
しばらく考えたあとにやっぱり描いてしまい、
描いてしまったあとも、やはり描かなかったほうが良かったのかも
と思いつつ消せないものがあります。
画面に1つだけ描くのも難しいけど、2つというのもこれもまた厄介です。
でもこれ以上は描き足したくない気がしています。
・・・つまりこれで完成ということになるのでしょうか?

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月21日

ちょっとしたこと

ちょっとしたことだと思いますが、何か上手くいかなくて、
ここのところ制作していたものは途中でやめることにしました。
3つくらい方法があってそれをいろいろと試していたら
進めるにしたがって悪くなり、次第に見ているのも嫌になってきたので・・
もう、これはしょうがないですね。
その作品は画面を裏返して見えなくしています。
こういう作品が視界に入ると落ち着いて制作できないんです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月17日

懐かしい感触

今制作している作品はアクリルガッシュを使っています。
この絵具は不思議と筆を画面にのせるのが気持ちがよく感じられます。
懐かしい感触があります。
絵具が乾いた状態もアクリル絵具よりもやわらかく感じます。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月14日

忘れたころに

すっかり忘れたころに入って来るお金はうれしいですが、
反対に忘れたころに送られて来る請求書はかなり嫌ですね。
2つとも忘れていたことに自分のルーズさを少し反省。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月11日

入口

後回しにすると後で大変になるのは判っているのに、何も出来ない日があります。
作品をつくり始める入り方がいまだに慣れないし、そこで時間を使ってしまいます。
そこに入っていかないと何も始まらないのに、ここ数日、時間だけが進んでしまう
いつものパターンに陥ってしまいました。
いったん始まると勝手に進んで行くとも言えるのでとにかく早く進めたいところです。

| コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月 6日

金木犀が香る

金木犀が香る今日このごろ。
これだけいろいろなところに植えてあるということは
昔の人も好きな人が多かったのでしょう。
桜の花と同じようにかなり昔から膨大な日本人が愛しつづけていたのでしょう。
私もそれを受け継いで庭に一本植えようかどうか悩み中です。

| コメント (3) | トラックバック (1)

2005年10月 3日

傷だらけ

現在愛用のカメラも大学2年の時に買って以来なので結構長く使っています。
当時、かっこよさで選んでしまったこのカメラ。現在傷だらけです。
その選択は間違ってはいませんでしたが、不便なことも多いので
新しいカメラを買おうかと思っています。
作品の撮影をすることを考えると一眼レフは必要でしょうがないです。
写真はほんとに資料に使うくらいですごい適当に撮っているので
この機会に少し上手くなりたいと思います。

| コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »