« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月29日

近道を行く

表現したいことがあって形や色や構図で悩むのは当然なことです。
そういう悩みは良いと思います。
それが、そもそもこの作品を造る意味とか、美術って何?とか悩みだすと、
たいした答えも出ず、体力だけ失う悪循環に陥りよくありません。
そういう無駄なことに悩むのはいけません。
現実的に考えるのが近道な気がします。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月25日

行ったことの無い場所

この週末はいろいろな所に行ってきましたが、
すべて書くのは少し面倒なので省略します。
車で移動しましたが、1ヶ月分くらいは走りました。
初めて行った場所なのにあそこの町に似ているとか
自分の町と違うところ探したりしてしまうのは私だけではないでしょう。
私はあんまり出かけるほうではありませんが
たまには行ったことの無い場所に行きたくなります。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月18日

月の明るさ

今年の十五夜の月はいつに無く天気が良かったのできれいに見えました。
じっと見ていると丸いはずなのに、2重、3重に見えたりボケて見えたりして
なかなか上手く見えませんでした。
明るすぎて反射してしまうのでしょうか。
私はたまたま温泉に行っていて露天風呂から眺めていました。
周りが暗かっただけに月の明るさが新鮮でした。
ブログに月の画像載せた人も多いのだろうなぁと思います。
みんな同じものを見ていたはずですが、他の人の月の画像を
見ると別のものに見えてきます。

| コメント (3) | トラックバック (0)

クール

昨日はさっそく森美術館の杉本博司展に行ってきました。
展覧会全体を通して非常にクールでやっぱりこの人すごいです。
何年前か忘れましたがニューヨークのグッゲンハイム・ソーホーで
ポートレートシリーズの個展をしていたときにみて驚いたのが最初でした。
(蝋人形を撮っているシリーズですが生きているようにしか見えないのです。)
すべての作品が長い期間にまたがって作られているにもかかわらず
作品の質が見事に同じでそんなことにも驚きました。
コンセプトそのままな作品でIQが高そうで、私にはとても真似出来ないです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月17日

夜は温かい

少し涼しくなりいい季節に近づいてきました。
このくらいの気温になると夜は温かいコーヒーかお茶が増えてきます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月13日

実はもう4ヶ月前

もうそろそろ展示のプラン考えないといけない時期になってきました。
来年の展示は年明けから続けていくつかあるのでいい加減
私もこれからはしっかりと計画立てていこうかと思っています。
来年と考えるとまだ先にも思えますが実はもう4ヶ月前なんですね。
制作は2,3週間もあればかなりのことはできますが、
その前の準備をしっかりしておかないと冷静につくれなくなりそうです。
特に今までと変わったことをするつもりはないので自ずとでてきたものを
手がかりに構成していくつもりです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 8日

富士山が守ってくれる

この時期は台風が多く発生しますが、私の住んでる山梨では
手前で右に曲がり被害をまぬがれることが多い気がします。
詳しいことは私にはわかりませんが台風がカーブを描いて曲がるのは偏西風やら、
気圧やらが関係してるのだろうと思います。
ですが、山梨に住んでいると富士山が台風を曲げてくれていると
感じてしまうときが多くあります。
天気予報で予想進路では山梨直撃なのに手前で曲がってくれると
「あぁ、また富士山が守ってくれた」と思ってしまいます。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月 6日

作品を守るもの

作品を梱包するためのクラフト紙やエアーキャップが
少なくなっていたのでそれぞれ200mくらい買ったのですが、
さすがにエアーキャップ何本もあると面積とりますね・・。
エアーキャップは比較的簡単にネットで見つかりますが、大きな
クラフト紙のロールを安く売っているのを探すのは少々手間取りました。
以前はエアーキャップのみで包んでいたのですが、あるとき
プチプチの痕が思いっきり画面にうつって、しかもそのプチプチ痕が取れないという
経験をしてからクラフト紙をあいだに挟んでいます。
(その作品は結局全部塗り直しました。)
あと板ダンボール(1m×2m)もかなり面積をとってます。
宅配などで作品送るときはこれで箱を作って送ります。
何かもっと簡単で強靭で傷つけない梱包材料ないものですかね。

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »